家族同様の親友だからお金はあげられる

お金の貸し借りはどうしてもマイナスのイメージがあり、いい話題にならないことが多いですが、なぜか私の周りではすごくいい話も結構あります。

30年来の親友だという男性二人がおり、片方は一般会社員で家庭持ち、一方は独身で事業を立ち上げて数年という状況でした。

事業をしている人がうまく行かずお金に困っていた時、決してお金を貸してほしいとは言わなかったのに50万円を2回、計100万円をその人に渡したというのです。

しかも、そのお金は返してもらおうと思わず渡したということです。
オリックス銀行でお金を借りたいあなた?特徴と金利比較を徹底解説! オリックス銀行 金利

決して裕福な家庭でもないのにどうしてそこまでできたかというと、現在は家庭持ちですが独身時代に孤独だった時、何かと一人暮らしの家にやってきて話をしたりくつろいだり時には看病をしてもらったりと家族並みの付き合いだったようです。そのおかげで孤独な自分が消え、明るくなって人生観も変わったというのです。

そんな親友が困っているのだから、100万円はあげてもいいということでした。結局親友は感激して100万円は形式的にはもらいつつも、使うことなくすぐに返したようです。

そこまでできる親友と呼べる存在を持っていない人間からすれば羨ましく眩しいです。

このページの先頭へ